会社概要   電子ディスプレイ   プリペイドガード 
 お問い合わせ   採用情報   販社様ページ 
ごあいさつ 沿革 掲載記事 大阪本社地図 東京本部地図
掲載日 媒体 見出し キーワード
H14/12/06 日本工業新聞 ビッグサンズが8色マルチカラー表示機を量産化 ○8色表示機
H14/07/06 日経流通新聞 輝くLED電光看板  
H14/06/04 日本工業新聞 電光表示のデザイン看板  
H13/12/28 日本工業新聞 竜ヶ崎済生会病院が病室でネット利用のシステム ○カード
H13/05/16 日本工業新聞 ビッグサンズ、8色表示のLED電子表示板開発 ○8色表示機
H12/12/13 日本工業新聞 「i広告」からお買得メール
対応携帯電話を活用ビックサンズと事業化」
利用通話は無料
○iモード
H12/06/22 日本工業新聞 21世紀の公衆電話!?ネット対応のプリペイド型PC
ビッグサンズ<大阪>が開発
○プリペイド型PC
H12/04/24 日本経済新聞 病院売店に購入端末 シダックスフーズと組む ○インターネット
H12/03/09 日本経済新聞 ビッグサンズ分社化 事業再構築に認定 ○分社化
H12/01/27 日本経済新聞 デビットカードの対応機 ビッグサンズが開発 ○デビットカード
H11/07/02 京都新聞(滋賀版) 役立つ情報を“特大”文字で ○FM文字多重放送
H11/03/01 電波新聞 本体四隅が光りアイキャッチャー効果高いLED電子ディスプレイ ○ピアディ
H11/03/01 日本経済新聞 自販機で見えるラジオ ○パパラビジョン
○表示機組込自販機

平成13年12月28日(金)
日本工業新聞 掲載
竜ヶ崎済生会病院が病室でネット利用のシステム
入院中のベッドからでもインターネットが利用できる−。竜ヶ崎済生会病院(茨城県竜ケ崎市)は、病室内に設置したテレビを利用しホームページの閲覧や電子メールの送受信ができるシステムを構築した。
「病院アメニティ総合情報サービス」と呼ぶこのシステムは、病室内のテレビにネット接続用のセット・トップ・ボックスをつなげ、テレビとネット接続画面を切り替えて利用する仕組み。操作はマウス機能を備えたリモコンだけで、文書も簡単に作成できるという。
同病院では198床のうち98床にシステムを設置し、近くサービスを開始。来年3月までに全ベッドでネット環境を整備する計画。接続料はプリペイドカード方式で1分10円。
システムはNTT-MEとNTT-Xがプラットホーム構築とコンテンツ企画・運営を担当。テレビカードシステムを手がけるホスピタルネット(東京都千代田区)とパースジャパンの4社が役割を分担してサービス提供している。
TOPへ
平成13年05月16日(水)
日本工業新聞 掲載
ビッグサンズ、8色表示のLED電子表示板開発
LED電子表示機の大手メーカー、ビッグサンズ(大阪市北区)は、8色表示できるLEDマルチカラー電子ディスプレー「MCD−21」型を開発、本格販売を始める。量産小型機分野で、8色カラーの表示板は業界で初めて。  この製品は、屋外使用が可能な超高輝度LEDの青・緑・赤色を使用し、3色の組み合わせ点灯により、白・黄色・ピンク・水色・黒の8色を表現する。上部に16×32ドットの8色表示部を持ち、下段には16×64ドットだいだい色単色の表示部を併せ持つ複合型表示機。上段で8色カラーの絵柄と、下段で文字情報を同時に表示することにより絵と文字によるリアルな表現を可能にしている。  絵柄の入力は、パソコンでビットマップファイルを制作し、それをいったんICメモリーカードを経由して表示機に転送する。下段の表示内容は、付属のワイヤレスリモコンで文字入力できる。  価格は1台98万円(表示部)。年間1000台販売する予定。
TOPへ