【第1回】“ツキカエタ”の5文字

どこを向いても、苦悩や悲観の色が濃い中で、きちんと前進をつづけている会社がある。どういうわけで、そうなるのか。なにか秘密があるのか。電子ディスプ レイ事業を主軸として“情報産業で最も成功したベンチャー企業”といわれるビッグサンズ(本社・大阪市北区西天満4−11−23)の現状と将来展望を、こ の連載で探っていきたい。

大阪市西天満の満電ビルにある、“電子ディスプレイ&情報システムメーカー”「ビッグサンズ」のドアを開けると、大きな声で、「いらっしゃいませ」と迎え られた。「こんにちは」とか「どうぞ奥へ」とか、つぎつぎに声がかかる。その声にしたがって進むと、自然に応接室へたどりつく。

サービス業の店先ではない。メーカーのオフィスである。受付係などはない。ワイシャツの腕をまくってデスクに向かって男子社員、パソコンのキーボードをたたいている女子社員が来客をみて立ち上がり、声をだしてあいさつするのである。

さわやか、である。もともと大阪のキタ、梅田から天満にかけての一帯は、この日本有数の産業都市でも最も活気のある一画ではある。だがビッグサンズの社内は、外に負けないほどの活力に満ちている。

壁にスローガンがある。企業のスローガンは、“努力”とか“目標達成”など重々しくなりがちだが、ここは、ひらがなやカタカナが多く、字面が明るい。

「ツキカエタ」という五文字が目に飛びこんできた。近づいて、それが五つのスローガンの頭文字だとわかった。

  • ついている人、伸びている企業と積極的につき合う
  • 二番目のは“聞き上手”になり本音でつき合う
  • は感謝の気持ちで素直に“ありがとう”
  • は笑顔でニコニコ明るく生きる
  • は他人に喜んでもらう まず身近な人に一灯をともす

一読して気分がいい。押し付けがましさがない。それにしても、ビッグサンズは好調を維持する会社だ。78年(昭和53年)10月、資本金570万円、社員 11人で創業した。20年間に黒字決算が18年、つまり「18勝2敗」の好成績をあげ、資本金5億1400万円で情報産業に成長した。だから、土煙をたて てばく進むするようなスローガンがあるのでは、と想像したのだが。

「小さな会社です。こんなにうまくいくわけがない」と、村田社長は謙虚である。「とくにこういう時期ですから」と。だからこそ、躍進の秘訣を聞きたいのである。

−−きっと秘密は、優れた技術開発力、なみなみならぬ努力、なんでしょうね。

すると、思いがけない答えであった。

「もし、なにかがあるとすれば、わたしどもの“社是”のおかげですよ」

スローガンはもともと社是から生まれている。だから社是もやわらかいトーンだ。

「喜んでもらう喜び 己もよろこびたい」後段の「己は…」は、「わたしも喜びたい」と言い替えてもいいだろう。これがなぜ好調の源なのか、くわしく聞かせてほしくなった。

(村上順一郎)


idx_btn_tophe_off