【第4回】“普及率ゼロ”にめげず

「ここは10年目ごとに変身しています」とビッグサンズの村田三郎社長はいう。

まだ創業20年目である。変身は創業10年目に1度、体験した。いま2度目の変身中である。

そもそも村田社長は、ある電機メーカーで特機事業の責任者だった。

「悲壮感はなかった」という。当時、普及率ゼロのビデオ機器の開発から営業までを手がけていたから、ビデオ好きの仲間11人が集まっての独立だった。

ビデオはまだ草創期だった。高価でなじみのない装置を持ち回っても売れない。実際に撮影し、お見せし、そのテープ(ソフト)とともに装置(ハード)も買っ ていただこうとした。結婚式を撮影したことは先に記した。高校野球地区予選も撮影した。どちらも生涯の最良の場面である。それが映像になるのだから、かな り歓迎されたが、えっと驚くこともおきた。

新郎新婦の肌が、真っ青に写るのである。撮影した社員も真っ青になった。色温度のいたずらだった。背景の金びょうぶと人間の肌では色温度が違うからであ る。当時の技術では、テレビ局のスタジオでは解決できても、普通の撮影では克服できなかった。

「こんなものやめよう」とは、ならなかった。ビデオ好きの集団である。社長自身は技術畑でもあった。モノづくりの本性がうずうずしてきた。なんとかしたい。

このとき、ビデオカラーコレクターとビデオエンハンサーが生まれた。色彩調整機と画質向上装置である。評判をよび、電機メーカーへのOEM(相手先ブランドによる生産)供給も実現した。

湿式ビデオクリーナーも考案した。ヘッド機能の劣化を防ぐテープである。これもビデオテープメーカーへ10年たった今でもOEM供給されている。

業界初の小電力・防水タイプのコードレス電話、電話の簡易交換機テレホンセレクター、ファクス付属装置であるファクスアダプター。この商品は、科学技術庁長官賞を受賞した。

自社ブランド「オービカル」とは、AUDIO(音)、VISUAL(映像)、CULTURE(文化)の頭文字の構成である。音と映像による文化の創造。音 と映像で人間の心を耕したいという願いがこめられた。創業5年目の昭和58年(1983)に生まれた。

しかし、ヒット商品には必ず大手が乗り出してくる。普及すると利幅も薄くなる。

「表彰状はたまっても金が残らない状態」(村田社長)になった。

新しい事業を始めなくてはならない。

パソコンのネットワークによる美術品の無店舗販売事業−画面のチラツキを無くした特殊素子使用の立体映像事業−LEDを応用した簡単入力の電光表示システム「電子ディスプレー」−の3分野に乗り出した。

(村上順一郎)

idx_btn_tophe_off