【第7回】“三番手”今や大黒柱に

20年前の10月、ビデオに夢をかける同志が集まってスタートした、大阪のベンチャービジネス「ビッグサンズ」は、創業10年ほどで、鉱脈を掘り当てた。

というと、偶然の幸運が舞い込んだようだが、そうではない。村田社長以下の日常の目配りと研鑚(けんさん)が実を結んだのである。ちなみにビッグサンズと いう社名は、やんちゃな子供たち、というような意味である。鉱脈とはLED(発光ダイオード)による電光表示システム「電子ディスプレー」である。それら のことはすでにご紹介した。いま、街角や商店街などで、文字や絵が動きながら人々に情報を伝えている看板や表示板である。

現在、その電子ディスプレーの売上額はビッグサンズ全体の売上の65%を占める。文字どおりの主柱になっている。

「実は」と村田社長は苦笑した。「あのころ会社の柱にしたかった事業は3本。美術品のコンピューター販売『リトグラフ・ネットワーク・システム』、立体映 像『3D』とこれ。どちらかといえばこれは費用もかからず3番手でした。それが1番成長しました」

期待度の比較的低かった教え子が、最高に成長した、その意外さ嬉しさに苦笑したのである。「そうでしたね」と、次に会ったとき確認すると、村田社長は「そ んなこと言いましたか。手掛けた事業にはみな最大限の期待をしてますよ」と言う。これだけ事業を広げると経営者としての発言は慎重になる。

当時のLEDは赤一色の静止文字で輝度も弱かった。発光体は国内の電機メーカーがすでに生産していたが、「光も弱い、見通しも明るくない」といわれていた。

ビッグサンズ集団は、いちど関心をもつと徹底的に集中する。そのうちに、「輝度の増大はデバイスメーカーに任せ、我々は入力を簡単にするのが先じゃない か」という考えが生まれた。当時のLED表示装置は専門家でも入力に手間どった。キャプテン・システムがヒントになった。NTTの文字図形キャラクター通 信システムである。窓が開けた。手書き文字も画像も簡単に描ける。動く映像も可能である。

ビッグサンズが市場を制圧した。というより市場の開拓者そのものがビッグサンズだった。『手描き入力システム電光ライト・せんでん虫』など独自のシステム も開発した。文字や画像をICカードに入れ電話線で顧客に届ける。顧客の手書き画像も受信できる。

その間に、発光体のカラーも赤・ミドリ・オレンジの3色に増えた。最近では青の発色も使われ、フルカラーの実用化も目の前に来ている。単純な看板が、魅力的な新商品に生まれ変わった。

他のメーカーも追ってくる。激しい競争が需要のパイをさらにふくらませている。

ビッグサンズはさらに画期的な次世代ディスプレーシステムを開発中である。

(村上順一郎)
idx_btn_tophe_off