【最終回】夢は“アジアビジョン”

「喜んでもらう喜び 己もよろこびたい」


これがビッグサンズの社是である。

人に喜んでもらうのが嬉しい。それをみて自分も喜びたい。いい語句だが、世知がらい競争社会では、痛々しすぎるほどの、やさしさである。現実の企業に、そういう心情がなじんでいけるのだろうか。

大阪・西天満の満電ビル内にある技術部門の部屋を訪ねた。数人の社員がパソコンに向かっている。壁に絵が数枚。手書きのようなコンピューターグラフィックのような。

「これは技術向上のためにそれぞれ自由に描いたものです」という。室内は温かい緊張感に包まれていた。

本店第1営業所の片山所長、第2営業所の島所長に聞く。片山所長は社歴が長い。島所長は若く第一線で活動している。それぞれ、資料を用意し説明が的確である。

質問を試みるうちに、「ここに入って、やりがいのある仕事だと思いました」と島所長がいう。なぜなら「扱うものが単なる品物ではない。喜びを伝えるものだ とわかったからです」。その横で片山所長もうなずく。売れば売るほど喜びが広がるのならば、営業も明るい表情になる。

20年目の節目を迎え、ビッグサンズは、どこを目指すのか。「基本的には専門メーカーにこだわりたい」と村田社長。「情報サービスとかメンテナンスとかを ひっくるめてお客さまに満足していただけることをしようと思う」。IBM流だと「ソリューションメーカー」になる。ハード・ソフト・メディアセンターを総 合的に融合させた産業である。

遠くをみつめた話になった。手近に移す。いま全社で熱中しているのは、電子ディスプレーをおしゃれにすることだ。看板は角張ったデザインが多い。寿司屋な らトロのデザイン。犬猫病院なら動物の絵。産婦人科ならコウノトリ。見て楽しく、そしてそのお店のイメージが看板になる。デザイン(形状)と同時に文字や 映像ももっとアニメ化・ボキャブラ化する。見て楽しく、しかも自己主張のできるものを作りたい。

今年度の下半期には登場させることで、準備が進んでいる。

ここで、遠くをみつめる話に戻る。

「情報産業としての夢ですが、アジアを情報ネットワークで結ぶ"アジアビジョン"をやりたい。いま情報に過密の差がありすぎる。だから国家間、地域間で誤解や悲劇が起きる。情報の過疎地をなくせば、楽しい21世紀になりますよ」

最近、シベリアやサハリンを視察して、それが確信に近いものになった。こんなに近い国が情報世界では遠い所にいる。それを近づけて、平等な幸せをもたらしたい。

そう語る村田社長を見ていると、なるほど「喜んでもらう喜び」が生きている。社是を生かしているのは、やさしさでもあるが、それに加えて、強靭な精神力かもしれない、と感じた

(村上順一郎)

idx_btn_tophe_off